090金融

090金融などの悪質闇金に借りてしまったら

090金融 闇金

090金融などの悪質闇金に金を借りて利息も払えなかったらどうしたらいいのでしょう。知人や友人、家族までお金を貸してくれと頼んでもなかなか貸してはもらえないでしょうね。それどころか相談することさえ躊躇してしまうのではないでしょうか。

090金融とは、携帯電話を利用する悪質な金融業者、いわゆる「闇金融」の一種です。街角の電柱やガードレールなどで、携帯電話の番号が表記された貼り紙や看板を見かけます。「090」以外では「080」や「070」から始まる番号が使われ、中には固定電話の番号に見せかけた番号も使用されます。

なお、一般に賃金業を営む場合、固定電話の番号を設置して登録を行わねばならず、宣伝広告には固定電話の番号だけを記載せねばなりません。そのため、宣伝に携帯電話の番号が記載されている場合は無登録で記載されている業者で、法定利息を超過する金利で貸し出しを行っています。

また、090金融の登録業者は架空・虚偽の個人情報を使って登録した携帯電話や中には遺品や盗品を使用し、プリペイド式携帯電話サービスを悪用して行うため、違法行為が行われていても取り締まったり、捜査を行うことが困難とされています。

一般的な撲滅対策としては、090金融業者の電話番号を全て停止させて一切利用禁止する案が出ていますが、番号使用者の実態がつかめないなど実現できないのが現状です。しなしながら、090金融業者で利用しているプリペイド式携帯電話サービス悪用に対しては無視できず、プリペイド式携帯電話サービス利用に関しては身分証明書提示を提示して本人確認を義務付ける法律を定めるなどの様々な対策が行われていますが、完全に壊滅できないのも明白で、転送型電話代行サービスを悪用して固定電話番号から携帯電話番号へ転送していた事例も見られるので、注意が必要となっています。

以上を踏まえ、私たちが090金融被害にあわないためには、賃金業の宣伝広告に記載されている電話番号や登録番号に必ず目を通さなければなりません。とはいえ、宣伝広告に携帯電話番号が記載されておらず、仮に登録番号が記載されていても低金利を誇大表現していた場合は悪質賃金業者と見なされるケースが多いので、金を借りたい場合には信用できる業者を選ぶことが重要です。

私たちは毎日お金を使って暮らしています

このお金があるからこそ私たちはサービスを受けたり物を購入できるのです。
しかし、このお金が足りなくなる時は長く暮らしているとあるものです。
突発的な事故や急な冠婚葬祭などがこれにあたります。
このような時はいったいどうすれば良いのでしょうか。

お金が不足した場合はなんらかの手を打たねばなりません。
まず考えられるのは自分の力だけで解決することです。
これは何とかしてその状況を乗り越えるということです。
我慢したり節約したりすることが挙げられます。
次に考えられるのが周囲の人にお金を借りることです。
これは自分の両親や友人などから借ります。
これで対応できれば良いですが無理ならば金融機関からお金を借りるしかありません。
金融機関の中でも銀行や消費者金融は個人に対して融資をしてくれるところです。
借りる人が審査に通れば貸してくれます。
しかし、何らかの理由で貸してくれない場合があります。
収入が足りない、過去に金融機関とトラブルがあったなどがあると審査に引っかかってしまうのです。
そうなると次は最終手段です。
ヤミ金融から借りるのです。
これは審査に通らなかった人でも借りることができます。
しかし、ヤミ金融とはまたの名を090金融と呼ばれており、違法な貸金業者です。
法定金利を無視した高金利で困った人に対して融資を行ない、利益を出しているのです。
引っかかってしまった場合は国や地方自治体の機関に相談することが必要です。